ヘアアイロン

ストレートアイロンでしつこいうねりとサヨウナラ!

優良ストレートアイロンを選ぶコツ

友達や家族が使っていて「良い!」と言っていたから、安かったり見た目が可愛いからといって安易にアイロンを選ぶと、失敗してしまうリスクが高まります。自分に合ったアイロンを見つけるためにも髪質・目的などを考慮して選ぶようにしましょう。

実はストレートだけじゃない!

アイロンと言えば誰もがストレートアイロンを思い浮かべるはず。しかし、近年では、巻髪を作ることが出来るカールアイロンも人気が出てきているようです。本体に髪の毛を巻き付けて1分程度待つだけで美容室で髪の毛を巻いたかのような仕上がりに!誰でも簡単にヘアアレンジが楽しめるので、この機会に使ってみるといいでしょう。

新着情報

どのタイプが人気?ヘアアイロンランキング特集

no.1

やっぱり王道!ストレートアイロン

髪の毛をまっすぐにするストレートアイロンがやっぱり人気!うねりを改善させて、望み通りのストレートヘアーを実現させることが出来るからだと言われています。最近では、使い方次第でストレートアイロンでも髪の毛を巻くことも可能ですよ。

no.2

1台あると便利なカールアイロン

まるでパーマを掛けたかのような、綺麗な巻髪をつくることが出来るカールアイロン。こちらも巻き方次第でキュートやゴージャス、カジュアルなイメージを与えられる優れものなんです!ヘアアレンジがもっと楽しくなること間違いなし。

no.3

ブラシ付きのアイロン

3位のブラシタイプなら、火傷をしてしまう心配がない上に持ち運びも非常に便利なので幅広い世代の方から注目されていますよ。髪の毛を自然にストレートにさせたい、軽めに巻きたいなら是非使ってみるといいでしょう!

望み通りのヘアスタイルを実現

ヘアアイロン

プレートはどんな素材が使われているのか調べる

多くのストレートアイロンは、セラミックやチタン、アルミニウムが使われています。そこで、チェックして欲しい点として挙げられるのは「表面の加工」だと言われています。とても良い素材を使用していたとしても表面の加工がされていなければ、プレートの表面が剥がれてしまい、見た目も滑りも悪くなってしまうんです。また、表面が剥がれているまま使うことによって髪の毛を傷ませるので、うねりを改善させてサラサラヘアーになるどころか、まったく望んでいないパサパサヘアーになってしまう可能性があります。なので、選ぶときはプレートにどんな素材が使われているのかまで、こだわりを持って選ぶようにしましょう。

設定温度・価格もチェック

アイロンの設定温度はメーカーや種類によって、まったく違うんです!設定できる温度が低ければ低いほど髪の毛のダメージも大幅に軽減させることが出来ますが、思うようにうねりが改善されないことも。また、設定できる温度が高すぎてしまうと、髪の毛を思うようにスタイリングしやすくなりますが、その分髪の毛に大きなダメージを与えてしまうようです。使いやすいと言われている温度が180℃あたりなので、初めてストレートアイロンを選ぶなら最低でも180℃に設定可能なものを見つけ出しましょう。あと、ヘアアイロンは安いもので5000円以下、高いものだと10000円ほどするようです。高いものが良いということはありませんが、価格が高めだと高性能ですし、使いこなしやすさがあると言われているので、「良いヘアアイロンを使いたい!」と考えているなら、できるだけ価格を妥協しないようにして選ぶといいかもしれません。